妊娠線・肉割れ

info

妊娠線・肉割れ 予防対策研究室

妊娠線・肉割れは、急激な皮膚の膨張に伴い肌に亀裂が生じたような模様が出る症状で、多くの人が悩んでいます。特に、妊娠線は、妊婦の約7割ができると言われており、保湿クリームなどで予防していても、多くの女性が発症してしまいます。今まで妊娠線・肉割れは治療が困難だと言われていましたが、最近では医療技術の発達により、美容クリニックなどで大きく改善できるようになりました。そこで、当サイトでは、妊娠線・肉割れの基礎知識を紹介すると同時に、おすすめの病院を比較やランキングで詳しく解説しています。自宅で保湿クリームを使ったケアをしても、ほとんどの人には効果がありません。実績豊富な美容クリニックへ受診することが改善への近道です。この機会に適切な治療を受け、悩みやコンプレックスから解放されましょう。

妊娠線・肉割れ 病院 総合ランキング

恵比寿美容クリニックでは、副作用などの心配がほとんどのない安全な血流改善ガスを使用することで、妊娠線・肉割れを大きく改善することが可能です。皮膚内側から直接アプローチすることで、レーザー治療などよりも大きな効果を期待することができ、症状のひどいケースや10年以上の古い妊娠線などにも高い効果が確認されています。

image

安心・安全の血流改善ガス治療で目立つ痕も解消可能

美容皮膚科シロノクリニックは、レーザー機器の保有台数が135台以上と世界規模を誇るだけでなく、症例数も15万件以上の豊富な実績があるレーザー治療専門クリニックです。米国FDA認可の安全かつ最先端のレーザー機器を使い分けることで、症状が異なる患者一人ひとりの妊娠線・肉割れに的確な治療を提案してもらえます。

image

世界最大規模のレーザー治療専門クリニック

大城クリニックは、日本で初めてレーザー治療を行った世界初のレーザー治療専門の総合病院です。患者の約6割は紹介により全国各地から来院しており、他の医療機関からも高く評価されています。近隣にある慶應義塾大学病院との関連病院として緊密に連携していることからも、信頼の高さが伺い知れます。

image

日本で初めてレーザー治療を実施した医療機関

エルクリニックは、早くからメスを使用しない美容医療を提唱し、多くの妊娠線・肉割れを改善してきた豊富な実績がある美容クリニックです。キャンペーン企画が豊富なので、タイミングが合えば良心的な価格で利用できるのも魅力です。治療も最新のレーザー機器を用いて、経験豊富な医師が担当してくれるので安心です。

メスを使用しない美容医療の開拓者

あつぎ美容クリニック

あつぎ美容クリニックは、レーザーから血流改善ガスまで豊富な施術方法を提供し、患者の症状や希望、予算にあった治療を行ってくれます。治療の専門性にもよりますが、基本的に女性医師を指名することも可能なので、肌を見せるのが恥ずかしいと思って病院に行くのを躊躇している女性でも安心です。

豊富な治療メニューを提供

妊娠線・肉割れとは

妊娠線・肉割れとは

急激な体重の変化があると発生する肉割れは、妊娠・出産を経た経産婦にとっても「妊娠線」として皮膚の断裂痕が残ってしまいます。

いつでも美しくありたいという女性にとって肉割れや妊娠線はコンプレックスとなることもあり、これを治療する方法としてクリームやレーザーによる治療法が挙げられます

30代・40代・50代と年齢を重ねても美しいボディをキープするために、肉割れや妊娠線は極力治療して無くしたいものです。

人によっては妊娠線がストレスとなってしまい楽しい生活を送れない女性もいらっしゃいます。

また、最近ではさまざまなダイエット方法が開発されており、体重の多い女性がダイエットに成功して痩せた場合に肉割れが残ってしまうこともあります。

せっかく美しいボディを目指してダイエットに取り組んだのに、肉割れが残ってしまうのは非常に残念です。

どうすれば肉割れや妊娠線を予防・治療することができるのか知っておくことで美しいボディをキープしていきましょう。

妊娠線・肉割れができるメカニズム

妊娠線・肉割れができるメカニズム

女性の体型を悩ませる症状の一つとして、妊娠線・肉割れが挙げられます。

肉割れは、皮膚が断裂して白い筋が出来てしまう症状であり、お腹周りやお尻といった部位に現れやすいです。

1本だけでなく、さまざまな形の断裂線が皮膚に刻まれており、一見古傷のような形をしています。

出産や急激な体重の増加に伴って皮膚が断裂してしまい現れる症状であり、肉割れや妊娠線といった名称がつけられています。

女性が妊娠すると、急激にお腹周りが膨張するため、出産後に皮膚の断裂痕が身体に残ってしまい、人によってはコンプレックスを感じることもあります。

また、体重増によって焦りが出てしまい、急激なダイエットに励むと肉割れが起こりやすいとされています。

妊娠線・肉割れのメカニズムとしてはこのように体重変化が激しいことを原因としており、事前に防止するため皮膚を柔らかくするクリームやレーザー照射によって症状を緩和させることができます。

肉割れなどは女性のイメージがありますが、男性でも起こり得ます。

妊娠線が出来やすい人の特徴

妊娠線が出来やすい人の特徴

妊娠線はすべての妊婦さんにでるものではなく、約7割の方に起こるといわれていますが、実は、妊娠線がでやすい人にはいくつか特徴があるようです。

ここでは、妊娠線ができやすい人の特徴をご紹介します。

自分が妊娠線ができやすいタイプである場合は、クリームやストレッチ、運動等を行い、できるだけ妊娠線ができない体づくり・生活スタイルを心がけましょう

急激な体重増加、サイズアップ

安定期が終わり安定期に入ると、赤ちゃんはどんどん大きく成長するうえ、食欲が増したり、食生活の乱れなどで急激に体重が増えることがあります。

すると、お腹周りの皮膚がつっぱるようになります。

赤ちゃんの成長に伴う皮膚のつっぱりに加え体重増加でさらに皮膚面積が必要になるため妊娠線ができやすくなるようです。

また、妊娠中は乳腺も発達するので、バストラインも変わり急激にサイズアップすると胸に妊娠線ができやすくなります。

運動不足

妊娠中は過度な運動はしてはいけませんが、全く体を動かさないと筋力が衰えてしまういっぽうで、皮下脂肪は逆に増えるため、太ももあたりに妊娠線ができやすくなるようです。

乾燥肌

皮脂性の方なら皮膚が伸ばされても対応できますが、乾燥した肌は皮膚が伸びにくいので妊娠線ができやすい環境になりますので、乾燥肌の方は皮脂性の方に比べると妊娠線ができやすくなります。

多児妊娠

双子などの多児妊娠は通常の妊娠よりお腹が大きくなるため、皮下組織も通常の妊娠以上に引っ張られるので、どうしても妊娠線ができやすくなります。

妊娠中期あたりから妊娠線ができる可能性があるので早めに予防するといいでしょう。

2人目以降の妊娠

1人目の時に妊娠線ができてしまった方は2人目以降も同じ場所に再度妊娠線ができてしまう可能性があります

そうなると、跡が残り目立ちやすくなりますし、中には2人目以降で違う場所妊娠線ができる方もいるようです。

妊娠線の痒みの原因と対策

予防できるの?

妊娠したときにお腹や太ももなどにできてしまった妊娠線は見た目にも悩ましいですが、それ以上にかゆみが出て困っている人も多くみられます。

ひどい方はかゆみが治まるのは一時的なもので、常に痒みになやまされている方もいるようです。

ここでは、妊娠線の痒みの原因と対策方法についてご紹介したいと思います。

妊娠線の痒みの原因

妊娠線は急激な体重増加やお腹が大きくなることで真皮や皮下組織に亀裂が入ってできるものなので簡単にいえば傷と同じです。

傷がかさぶたになるとかゆみが出るのと同じで亀裂した妊娠線にも痒みが現れます。

また、皮膚が引っ張られて亀裂ができた個所は肌が薄くなっているので肌自体が敏感になっているため、衣類がこすれた刺激だけでも痒みが出るかたもいるようです。

妊娠中はホルモンバランスが乱れている影響で全身の肌が乾燥しやすくなっているので妊娠線の痒みもひどくなります。

妊娠線のかゆみに耐え切れずについついかいてしまいますが、かきすぎて血が出たりすると皮膚を傷つけてしまい、色素沈着が起こる可能性があるので注意しましょう。

妊娠線は出産後は時間が経つと徐々に白っぽくなります、かきすぎて色素沈着を起こしてしまうと白い線が目立ってしまう可能性があります。

産後に妊娠線の跡を少しでも目立たなくするためにも、かゆみ対策を心がけましょう。

痒み対策

乾燥はかゆみを悪化させる一番の原因となりますので、妊娠線周りの保湿には特に気を付けましょう。

肌が潤うと痒みが抑えられるだけではなく、新たな妊娠線ができるのを予防する効果もあります。

妊娠線ができている部分は肌が敏感になっていますので、敏感な肌に刺激を与えないように肌に直接触れる下着の素材には気をつけましょう。

化学繊維素材の下着は摩擦がおきやすいのでシルクやコットンなどの自然素材のものを選ぶといいでしょう。

また、ゴムや縫い目の部分も刺激が強いので、できるだけゆったりと着られるものがいいでしょう。

皮脂や汗、ホコリなどで体が汚れていたり、ムレも痒みを引き起こす原因なので、汗をたくさんかいたらシャワーを浴びたり、下着を替えたりして体を常に清潔に保つことも大切です。

また、どうしても痒みが収まらないときは濡れタオルや氷などで冷やすことで一時的にかゆみが治まることもあります。

このような対策をとってもどうしても痒みが治まらない時には、早めに産婦人科を受診して薬を処方してもらいましょう。

市販のかゆみ止めの薬を購入してもいいのですが、商品によっては妊娠中に使用しないほうがよいものもあるので、市販の薬を買う場合でも一度産婦人科の医師に相談をしてから使うようにしましょう

予防できるの?

予防できるの?

妊娠線を予防する方法はあるのでしょうか。

保湿クリームや妊娠線予防を目的としたクリームも数多く販売されていますが、個人差があるため万人に効く薬がある訳ではありません

体質や皮膚によってクリームが合う・合わないといった個人差があるので、クリームを使用したからといって確実に妊娠線を予防できるとは限りません。

また、妊娠線は出産後に判明するためクリームを使用したとしてもその結果は出産後まで分からないため判断は非常に難しいと言えます。

妊娠線を予防するためにクリームを使用する際には、塗り方やマッサージが重要となります。

乾燥を防ぐことや皮膚を柔らかくして柔軟性の高い肌質にしておくことも重要ですので、保湿は忘れずに行わなければなりません。

妊娠中は肌が敏感になるため、刺激が少ないタイプの保湿方法やクリームを使用しましょう。

さまざまなクリームが販売されていますが、「これが効く!」というものが無いため、クリームのみで予防するというよりもクリームとプラスαで予防や治療を行なっていくことが大切です。

食生活から妊娠線・肉割れを予防

食生活から妊娠線・肉割れを予防

普段の食事に気を配ることでも妊娠線・肉割れのケアができることをご存知でしょうか?

ここでは妊娠線・肉割れに効果的と言われている食事をご紹介します。

当サイトでもご紹介している通り、妊娠線は急激なお腹の膨らみに皮膚(真皮や皮下組織)が耐えきれなくなってしまい、線や筋が生じてしまいます。

とくに真皮は治りが遅いため、妊娠線がなかなか治ってくれませんが、逆を言えばこの真皮の治りが早くなれば妊娠線も治っていきます

それでは、真皮や皮下組織の修復を早めるための食事とはどのようなものでしょうか?

一般的には偏りのないバランスの良い食事が大変重要と言われており、◯◯ダイエットと言われるような◯◯しか食べないような極端なダイエットは体にもよくありませんし、妊娠線・肉割れの回復にもよくないということです。

また、妊娠線・肉割れにはコラーゲンを摂取するとよいということがよく言われますが、これは間違いでコラーゲンばかり摂取しても、妊娠線は消えてくれません。

というのも摂取したコラーゲンは、アミノ酸に分解され体内に吸収されるためです。

それでは体内のコラーゲンを修復するにはどうすれば良いのかというと、皮膚を生成するタンパク質および皮膚生成を促進するビタミンCを摂取することです。

タンク質とビタミンCを豊富に含む食材で作られたバンランスのよい食事を摂ることが、妊娠線・肉割れのケアにとって重要な食事となるので、普段の食事にちょっとした工夫をしながらケアを行っていきましょう。

ただし、妊婦さんの場合はお腹の赤ちゃんの健康第一ですから、あまりにも食事や栄養を抑えることはNGです。

それでも医師の指示に従い急激に体重が増えないような努力は必須です。

腹帯やマタニティガードルは妊娠線予防に効果的?

腹帯やマタニティガードルは妊娠線予防に効果的?

妊娠中期になってくると徐々にお腹が膨らみはじめ、妊娠5か月の「戌の日」になると、産婦人科でさらしを巻いてもらい安産を祈願します。

この戌の日をきっかけに多くの妊婦さんはさらしの代わりに腹帯やマタニティーガードルを着用しているようです。

腹帯やマタニティーガードルは安産を祈願するのはもちろんなのですが、腹帯やマタニティガードルを着用すると大きくなるにつれ下に下がりやすくなるお腹を下から上へ支えてくれるので、お腹を固定できるだけでなく、お腹を温めてくれるので日常生活を楽に過ごすことができます。

腹帯は締め付ける感じがない緩めのタイプなので締め付けられるのが嫌いな妊婦さんや寝るときだけ着用したい方にはおすすめです。

妊娠前に腹帯を着用したことがある方はあまりいないでしょうからほとんどの方が慣れるまで着け心地に違和感があるかもしれません。

マタニティーガードルは、通常のガードルと同じ作りなので抵抗なく着用できるでしょう。

お腹回りが伸び縮みするつくりになっているのでお腹を圧迫することはありません。

しかし、夏場の暑い時期はむれたり、寝る前に着用すると締め付けられて気持ち悪いと感じることもあるようです。

また、もともとガードルを着用しない方には締め付けられる感じがするかもしれません。

お腹をサポートしてくれる腹帯やマタニティーガードルには単に大きくなるお腹を守るだけではなく、妊娠線の予防にも繋がるようなのです。

妊娠線は赤ちゃんの成長とともにお腹が大きくなる際に皮膚が急激に伸びることから起こりますが、腹帯やマタニティーガードルを着用するとお腹が固定されるので皮膚が伸びるのを軽減してくれます

また、腹帯やマタニティーガードルを着用することで肌の保湿性が保たれ、お肌の乾燥を防いでくれるので妊娠線ができにくくなる可能性もあるようです。

しかし、腹帯やマタニティガードルはあくまでも大きくなるお腹をサポートするのがメインですので、腹帯やマタニティガードルが妊娠線の予防ができるというのはあくまでプラスαと考えておいたほうがいいでしょう。

ですから、妊娠線を本気で予防したいのであれば、やはり、専門の美容皮膚科やクリニックを受診して妊娠線の予防効果がある専用クリームなどを処方してもらったほうがいいでしょう。

ホルモンバランスの乱れも1つの要因

ホルモンバランスの乱れも1つの要因

妊娠線が出来る原因の一つとしてホルモンバランスの問題もあります。

妊婦さんはホルモン分泌量が変化します。

細胞の生まれ変わりが遅れ、コラーゲン生成に影響を及ぼす女性ホルモンの分泌が盛んになり、お肌のターンオーバーがされづらくなります。

古い角質がいつまでも残っている状態が続く事で妊娠線ができやすくなってしまいます

乾燥を防ぐためにも保湿はしっかりとしましょう。

妊娠線の予防クリームなども出ておりますのでお風呂上がりの乾燥する時や、朝起きて活動を始める前に塗るようにして下さい。

肉割れにも乾燥は大敵です。

肉割れクリームや妊娠線クリームは劇的な効果があるわけではありませんが、保湿は美肌にも重要ですから肌が乾燥した状態を作らないようにキープして悪い事はありません。

ひとつ大切な注意ですが、妊婦さんはクリームなどを塗る時はさするように優しく塗って下さい。

マッサージなどはしないようにしましょう。

出産が近い時期になってくるとマッサージする事で子宮を刺激してしまう事があるようなので、必ずただ「塗るだけ」に留めて下さい。

「あくまでも乾燥から守ってあげる」という意識でクリームを塗るようにすると良いでしょう。

最新のおすすめ治療法

最新のおすすめ治療法

妊娠線や肉割れを治療するためにはさまざまな方法がありますが、昔からあるクリームやマッサージといった方法以外にも最近ではレーザー光を使った治療法や炭酸ガスを使用した治療法などが高い成果を上げています。

妊娠線を消すためには、肌の代謝を促進することが重要となりますが、レーザー光を使った治療ではあえて肌を傷つけて強制的に代謝を促進させて妊娠線・肉割れを薄くしていきます。

一度の施術で消える訳ではなく、施術を数回重ねることで徐々に薄くしていく方法です。

これに対して炭酸ガスを使った治療では、血流を改善するためのガスを注入することで皮膚の代謝をアップさせ皮膚の再生能力を上げて治療していきます。

炭酸ガスの治療は短時間で完了する上に安全性の高い治療法として最近注目を集めています。

レーザー治療では赤みが残ったりやけどのリスクがありますが、炭酸ガス治療ではこうした副作用が無いことも人気の一つとなっています。

クリニックの選び方・ポイント

クリニックの選び方・ポイント

妊娠線・肉割れを治療するなら専門の美容外科や美容クリニックに通うことをおすすめします。

クリニックは治療法のみならずドクターが健康面を見た上で診察し治療に進むため安心感があります。

医師が運営している美容クリニックなら、レーザー治療や炭酸ガス治療でも安心して利用することができます。

一言で肉割れや妊娠線といえども、タイプはさまざまであり、白い筋ができているケースやお腹周りに縦線が入っているケース、太ももに赤いミミズ腫れができているケースやお腹にまだら模様ができているケースなどがあります。

こうしたさまざまなケースに対応できるクリニックを選んでいくことがおすすめです。治療経験が豊富な医師が所属しているクリニックや、丁寧な診断・検査をまず行ってくれるクリニックで治療しましょう

また、実際に利用しているユーザーの口コミ評判もクリニック選びのポイントとなります。

第三者の公正な目線から書き込まれている口コミを参考にして最適なクリニックを選んでいきましょう。

市販クリームでは妊娠線・肉割れは治せない?

クリームでは妊娠線・肉割れは治せない?

妊娠線・肉割れ用のクリームは数多く種類も発売されており、その分口コミなどもたくさん目にする機会があると思います。

一般的な通販などでも購入ができますので手軽に始められますのでまず妊娠線・肉割れの改善策として興味を持つ方は多いのではないでしょうか。

ところでこういったクリームなどを使用して実際のところ効果はあるのでしょうか。

結論から言うと、こういったセルフケアで妊娠線・肉割れが目立たなくなる、消えるといった状態まで回復させることはかなり難しいと言えるでしょう。

肌の外側からクリームなどをただ塗りこむわけですから、肌の内側、表皮だけではなく真皮や細胞にまで成分を浸透させることはとても難しいのです。

そもそもなぜ肉割れ状態が起こるのかというと、急激に太った場合などに皮膚の内側に存在する真皮や組織が伸びきれず、その圧力とスピードに追い付かずに割けてしまうのです。

割けてしまった部分から皮膚の下の血管が透けて見えると肉割れは赤紫色になります。

妊娠線や肉割れを目立たないレベルまで改善するには割けてしまった真皮を治療する必要があります。

真皮は表面の皮膚よりもずっとずっと深い部分にありますので、例え有効成分がふんだんに含まれていたとしてもクリームやオイルを塗るだけでは改善は難しいのです。

美容クリニックなどで真皮にまで働きかける治療が必要になります

クリームはあくまでも出来てしまった妊娠線・肉割れを「治したり消し去ったりする」目的ではなく、日ごろのスキンケアとして保湿や肌トラブルを回避しながらターンオーバーを順調に進めていくようなイメージで使用するのが最適でしょう。

日々のセルフケアによって全くなにも構わないよりも肌状態は良好に保たれますし、そういった手入れが防止に繋がることも考えられるからです。

肉割れを消したい!レーザー治療で消すには?

肉割れを消したい!できてしまった肉割れをレーザー治療で消すには

肉割れが出来てしまったら、どんな方法で消したら良いのでしょうか?そもそも一度できてしまった肉割れは消せるのでしょうか?

肉割れを完全に消し去る、元々の肌の状態に戻す事は難しいですが、目立たなくする方法はいくつかあります。

肉割れはできたばかりの時は濃い色なのでとても目立ちますが、時間が経過すると肌色に近い状態に変色していきますので、徐々に薄くなっていくものですが、それでもやはり消える事はありません。

そこで、肉割れ用のクリームやマッサージ、ダイエットと食事療法などを試す方もいらっしゃいます。

しかし、それらは効果に個人差もありますし、効果が出るまでに長く時間がかかります。

最近の肉割れ治療は美容皮膚科や美容外科などで行われるものが主になっております。

美容皮膚科で行われる肉割れ治療の一つにレーザーを当てて線を薄く消していく治療があります。

美容皮膚科で行われるレーザー治療は肉割れだけではなく、皮膚のシミなどを薄くしたり、ムダ毛の脱毛をする際にもよく行われる治療法です。

どのような治療法かを簡単に説明すると、肌にレーザーを照射することでダメージを与え、そのダメージを修復するために肌の細胞を活性化させます。

肌を再生させようと、コラーゲンが多く生成されて肌のターンオーバーが促されます。

レーザーの種類によってはピンポイントで照射を行うため従来のレーザー治療よりも痛みが軽く済むものもあるので、肉割れの治療に適したレーザーがどんなものなのか、そして通おうと思っているクリニックでは治療が可能なのか、納得いくまで調べるようにしましょう。

肉割れの改善に適していると言われるレーザー治療ですが、もちろんデメリットもあります。

まず、費用が高い事。肉割れの状態にもよるのですが、大抵は一度の施術で完了するわけではなく、皮膚の変化を様子見しながら数回の施術が必要になります。

レーザー治療は公的な保険は適用されません。また定価があるわけではないので、治療費に関してはクリニックによってかなり開きがあります。安くても1回1万円以上はかかると考えて良いでしょう。

それを何度も繰り返すわけですから肉割れが目立たなくなるまでにはなかなかのお金が必要になりそうです。

何回照射すれば良いのかは肉割れの範囲や傷の深さで変わりますので、最初にどの程度の費用がかかるのかはあらかじめ相談しておきましょう。

いざ治療を始めてから想像以上に回数が必要だった・・・と、途中で通うのを断念した方もいますので注意が必要です。

肉割れ・妊娠線に効果が期待できる!?血流改善ガス治療とは?

肉割れ・妊娠線に効果が期待できる!?血流改善ガス治療とは?

こちらでは恵比寿美容クリニックでも採用されている血流改善ガスを使った肉割れや妊娠線の治療について紹介します。

まず、妊娠線や肉割れの治療は美容医療の中でも治療が難しいとされている症状の1つであり、完全に消すことは非常に困難で、薄く目立たなくさせる治療が一般的です。

そこで注目されているのが血流改善ガスを使った治療法であり、レーザー治療などと比べるとあまり聞き慣れない方法です。

炭酸ガスを使った皮膚の治療はいくつかの美容クリニックでも行われていますが、恵比寿美容クリニックの治療法はフランスで10年以上も実績をもって行われている治療技術を日本人に合うように改良されたものになります。

したがって、それまでなかなか治療効果の上がらなかった症例でも改善に期待が持たれています

血流改善ガス治療の仕組みは、まず血流改善ガスを注入することでお肌の表皮・真皮の血流や代謝が改善されます。

肉割れや妊娠線は真皮のダメージが原因の一つなので直接真皮にガスを注入する事で効率よく治療が出来るのです。

また、ガスの注入により一時的に肌にダメージを加えてコラーゲンを生成させると同時に、皮膚はダメージを与えられる事によって回復を試みるので、その再生力を促すための治療でもあります。

血流改善ガスの注入は注射で行われますが、非常に細い針が使われるので痛みを感じる人も少なく、なかには気付いたら終わっていたという人も多いそうです。

また、ガス注入の注射は1か所のみで済みますので何か所も注射を打つ必要はありません。痛みの感じ方も人それぞれですが、注射が怖い・苦手、痛みに弱いといった患者さんに対しても利用しやすい治療法となっています。

さらに、血流改善ガスは薬品ではないため、これまで治療を受けた患者さんから大きな副作用が出たという例もない安全性に優れている治療法としても注目されています。

これまでの肉割れや妊娠線治療の主流だったレーザー治療については上記で説明した通り肌の「外側」からレーザーをあてる治療法で、肌質などによってはやけどになってしまう危険があります。

しかし、血流改善ガスは肌の「内側」から働きかける治療ですから外的なダメージの心配はありません。

しかも、皮膚の内側に直接ガスを注入するわけですから、レーザー治療では効果の出にくかった深い線や症状の重い肉割れ・妊娠線に対しても改善の期待が持てるのです。

血流改善ガスを使った治療ならレーザー治療のデメリットとされていたダウンタイムもほとんどありませんのでダウンタイムを気にしながらスケジュールを組んだりする必要もないのです。

しかも治療そのものの所要時間はたったの10分なので忙しい方にも嬉しいですね。

もちろん、治療の前にはドクターがしっかりと診察をしますので十分に納得がいくまで疑問や不安に感じる事があれば尋ねるようにしましょう。

恵比寿美容クリニックでは、お腹回りの肉割れだけではなく、太ももやふくらはぎ、二の腕などの症状にも対応してくれます。

診察やカウンセリングは無料ですから、まだ治療を受けるかどうするか決めかねている方でも一度お話を聞いてどんな治療をされてどんな効果が出ているのかを見てみる事をおすすめします。

妊娠線・肉割れ治療は自由診療です

妊娠線・肉割れ治療は自由診療です

妊娠線や肉割れの症状を美容クリニックで治療する場合、自由診療で受診することになります。

自由診療とは簡単に言うと健康保険が適用されない診療です。

通常病院で診察を受ける際は健康保険証を提示した上で費用の3割を患者さんが負担しますが、自由診療での診察はこの健康保険を使わずに受診するので、費用はすべて患者側が支払うのです。

そのため、当サイトでも紹介しているような病院でしか受けられないレーザーを使った治療や血流改善ガス治療などの肉割れ・妊娠線の治療費はかなり高額になるということは想像がつくと思います。

ただし、一般的な保険診療と比べれば金額は高くなりますが、自由診療であるからこそ限定的ではない治療の提案・施術が可能となります。

難病の治療だけではなく妊娠線や肉割れのような審美的なお悩みを解決する目的を持つ場合や痛みを抑えたいケースなどから考えると自由診療は非常に大きなメリットがあるのです。

自由診療の場合、治療費は病院側が自由に設定することができるので、ある程度の相場はあってもそれぞれの美容クリニックで異なります。

また傷の深さや範囲の大きさ、傷が出来てしまってからの経過時間、肉割れの状態などによって必要な治療の回数・方法も変わってきますので、いくら位の費用が必要になるのかは予め調べておくようにしましょう。

予算が事前に決まっているのであれば、予算内で抑えられるように情報を沢山集めて比較検討することが重要です

1回あたりの料金設定から数回分の治療がセットになっているコース料金など、各クリニックでは治療プランも豊富に用意されていますので、自分の妊娠線・肉割れの症状はどういった治療を受けるのが一番効率的なのかを考えて決めていくのが良いでしょう。

まずは問い合わせだけでも親切に対応してくれますので、詳しく知りたい方は一度気になる美容クリニックを連絡してカウンセリングを受けることをおすすめします。

クリニックによってはクレジットカードの支払いやローンを使っての分割の支払いにも対応をしてくれるところもありますので、一度に大きな現金を用意できない場合でも悩みの肉割れや妊娠線から解放されるかもしれません。

どの位のお金が必要になるのか、費用に関して詳しくお知りになりたい方はこちらのページも参考になさって下さい。

妊娠線・肉割れ治療に公的医療保険適用の例外はある?

妊娠線・肉割れ治療に公的医療保険適用の例外はある?

上記でご説明した通り、肉割れや妊娠線を消したり薄くするための治療を美容クリニックなどの病院で受診した場合は治療費の10割を患者さん側が自己負担する「自由診療」の扱いになります。

自由診療では当然ながら相応のお金がかかります。

それでは、自由診療ではなく公的医療保険を使って肉割れや妊娠線の診療を受けることは果たして可能なのでしょうか。

本題に入る前にまず、「公的医療保険」とは何なのかをご説明しましょう。

「公的医療保険」とは、病気や怪我など何らかの身体の不調があり、それを改善するために医療を受ける必要が出た時にかかる医療費用の一部を公的機関が負担してくれる制度です。

「国民健康保険」とか「健康保険」と言えばわかりやすいのではないでしょうか。

日本国民はすべてこの「公的医療保険」に加入をする必要があり、いつでも安心して治療を受けられます。

健康保険は会社員の方が勤務先で加入する保険で、国民健康保険は自営業や自由業など企業に雇用されていない方の保険で、基本的には同じ公的な医療を受けるための保険です。

その他にも公務員の共済組合などがあります。

この公的医療保険が適用される治療というのは、日常生活を送ることが困難な程の障害や病気を改善させるための治療の場合です。

つまり妊娠線や肉割れの治療はこの保険制度を使っての治療の対象からは外れます。

例えば肉割れの傷が深すぎて皮膚組織が正常な状態ではなくなっているとか、日常生活が遅れない程の痛みがある~などの症状があれば公的医療保険の対象としての診療が可能になるかもしれませんが、そういったケースは極まれだと考えてよいでしょう。

大抵は公的医療保険の範囲外の治療となります。

なぜなら肉割れや妊娠線で悩み、治療を希望されている方のほとんどは審美的だったり気持ちの理由、要するに見た目のコンプレックスや悩み、肌の露出ができない、自分に自信がもてない、気分的に落ち込むといったことで治療法を探されています。

そのような場合は自由診療で治療を受けることになります。

なお、全ての治療に関しての公的医療保険が適用されるかどうかの判断は厚生労働省が設けている「保険治療範囲」によります。

そして、公的医療保険を使用できる医療機関のみでの受診となります。

保険が使えない美容クリニックもありますので診療を受けたいクリニックがあるなら問い合わせなどを行って確認しておきましょう。

もしも公的医療保険を利用した上で治療を行うことになっても、あくまでも「健康」を維持するため、つまりは患部の治癒を目的とする医療となりますので、見た目を美しく変えるような範囲までは及ばない治療となることを念頭に置いておくべきです

美容整形などを例に挙げますが、逆さまつげは症状が重度の場合はまつげが眼球を刺して傷つけてしまうリスクがあります。

つまり、視力等にも悪影響を及ぼす可能性もあり、健康を害する恐れが出てきます。

そのような場合は目頭切開などの治療方法が保険適用の上で行われる場合があります。

こういった手術は本来は「目をぱっちりと大きく見せたい」といった希望を持つ方が主に受けるものですが、症状がひどい状態の場合は公的医療保険を利用できるのです。

但し、保険制度を利用した上での治療は限られており、まず病気を治す、健康でいられるための治療ですから、縫合する際の傷跡などに細かい配慮は行われません。

そういった意味でも自由診療であれば治療の方法や範囲も広がり、美容的な願望や悩みにも対応可能ですから、肉割れや妊娠線の跡を消すための治療としてはとてもメリットが大きいのです。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved