妊娠線治療のおすすめクリニック

  •   
  • 妊娠線治療のおすすめクリニック
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線治療とは

治療

お肌というのは、「表皮」「真皮」「皮下組織」の三層でできています。

妊娠線とは、下腹部が大きくなるにつれ皮膚が急激に引っ張られることや、ホルモンバランスの変化などが妊娠線ができる原因とも言われています。

皮膚の表面部分である表皮が薄くなり、その下の真皮にあるコラーゲンやエラスチンが変化して皮膚が裂けることで白色の線ができ赤みを帯びた色となります。

妊娠線は、下腹部だけにできるもだと思っている方も多いのですが、太ももやお尻、おっぱいなど、お腹以外の場所にできる方も案外に多いのです。

妊娠線は、どうにかして消したいと思っていても産後自分自身で消すことはできませんし、時が経てば消えていくものでもありません

妊娠中にクリームなどを塗って妊妊娠線の予防に気を付けていたのに妊娠線が出来てしまうこともあるので、悩みを抱えている方は多いことでしょう。

出産後は、大きかったお腹は一気にしぼみますが、妊娠線は残ったまま。

気になってしまう妊娠線を消す方法はあるのでしょうか。

ここ数年、できてしまった妊娠線の悩みに応えてくれる心強い治療がたくさん出ています。

産後に傷痕のようになってしまった妊娠線を消すためには、大きく分けて2つの方法があります。

1つ目は、クリニックでレーザー治療や手術などを受ける治療方法、2つ目は、専用のボディクリームなどを使用して自宅でケアする方法です。

どちらの方法もそれぞれのメリットやデメリットがありますし、効果にはかなり個人差があります。

クリニックで治療する場合、治療にかかる費用などはクリニックによって異なりますし、自宅でケアする場合も、使用するクリームによって効果も違いますし、価格もそれぞれとなります。

ここでは、妊娠線治療の方法やそれぞれのメリット、デメリットについていくつかご紹介していきますので、妊娠線治療を検討している方は参考にされるといいでしょう。

自宅ケアの方法と注意点

できてしまった妊娠線のケアで一番効果的なのはなんといっても保湿です。

妊娠線は皮下組織などが傷ついたことによってできるものなので、妊娠線のクリームを使用することで、お肌の保湿が保たれ、症状の改善に効果を発揮します。

妊娠線のケアを目的とした専用のクリームはたくさんのメーカーから販売されています。

肌を十分に保湿するためには妊娠線専用のボディクリームや保湿効果があるオイルを使用することをおすすめします。

成分によって期待できる効果が違ってきますので、成分表示をしっかり確認して自分の肌の状態に合ったものを使用しましょう。

妊娠線専用のボディクリームは、妊娠中の予防としても使えるものです。

成分は妊娠中でも安心して使用できるものになっていますので、産前産後のお肌のケアを目的として使用するといいでしょう。

次に、オイルですが、オイルにはオリーブオイルやホホバオイルなど、たくさんの種類のオイルが販売されているのでどのオイルを使った方がいいか迷われる方も多いでしょう。

ホホバオイルは、人間の皮膚に近い成分で、お肌への刺激も少なく、赤ちゃんのマッサージとして使用されていますので産前産後のケアにも安心して使用できます。

しかし、オイルはオイルそのものに妊娠線治療の効果があるというものではありません

オイルはあくまでもお肌の水分の蒸発を防ぐ効果があるだけですので、妊娠線専用のボディクリームなどを塗った後にオイルを使用することで、水分の蒸発を防ぎクリームの効果を得やすくなります。

市販の保湿クリームは、スキンケアを目的とするものなので、皮膚の表皮が乾燥しないように潤いを与えてることを目的として作られています。

妊娠線は肌の真皮や皮下組織で起こる亀裂や断裂から起こるものなので、クリームで表皮を乾燥を防いでも妊娠線は改善しません。

妊娠線を治すためには肌の奥底にある真皮層のコラーゲン繊維を保湿しなければならないのです。

さらに、妊娠線は皮膚組織の厚い部位にできやすい傾向がありますので、皮膚組織が厚い部位でもしっかりと浸透する必要があります。

ですから、市販のクリームを使っても妊娠線治療の効果はほとんどないといえるでしょう。

専用クリームも市販のクリームに比べると肌の奥底へ浸透する成分は入っているので軽い症状の方やできてすぐの妊娠線には多少の効果は見られますが、妊娠線を完全に消すとなると専用クリームだけで妊娠線治療をするのは限界があるようです。

美容クリニックで治療するメリットとデメリット

美容クリニックでは様々な方法で妊娠線治療が行われています。

自宅でクリームを塗ってケアするよりも医療機器を用いて医師による施術が受けられるので効果が期待できます。

ここでは美容クリニックで実施されている妊娠線治療のメリットおよびデメリットについて紹介しています。

【レーザー治療】

メリット
レーザー照射による出血はありませんし、照射する際に痛みが少しあるようですが、ほとんどのクリニックで麻酔などで痛みのコントロールをしてくれます。麻酔は、塗るタイプ、導入麻酔、ブロック麻酔などを使用しているところが多いようです。入院の必要はありませんし、施術翌日から入浴も可能です。妊娠線の症状の度合いにもよりますが、全く目立たなくなるほど改善する方もいるようです

デメリット
クリニックによって使用する機器も違い、金額も違ってきます。平均的にみても1回あたり約1万~高いものでは1回30万円までとかなり幅があります。レーザー治療は1回で治るものではないため経過を見ながら複数回行わなければなりません。治療後は、患部がかさぶたになるまで約1週間、そのかさぶたがとれるまでさらに約1週間ほどかかるので、次の治療を行うまでには最低でも2週間程度は間隔をあける必要があります。薄い妊娠線でも5回前後、ひどい妊娠線の方はそれ以上の回数が必要になります。改善にはかなり個人差がありますし、施術を行う医師の腕によっても改善に差があるといわれています。レーザー治療は、肌にやけどを負わせる施術なので、肌の弱い人やレーザーが肌に合わなかった方や当日の体調次第では予想外の肌トラブルが起こる可能性がありますので注意が必要となります。

【炭酸ガス治療】

メリット
血流改善ガスを用いた炭酸ガス治療の最大のメリットは痛みがないところです。注入したガスは治療後に自然と抜けていくので、副作用ほとんどみられない点もメリットといえるでしょう。施術後にむくみが出る方もいるようですが、数分もすれば元に戻るので治療後すぐに日常生活に戻れます。施術当日から入浴もできますし、ダウンタイムがほとんどないという点では忙しい方には嬉しいことです。

デメリット
炭酸ガス治療のデメリットは料金面が高いという点です。1回の治療で平均2万~5万円もかかるようです。お腹周り、太ももお尻など妊娠線の範囲が広い箇所では1回の施術では全て行えないため、施術回数は10回以上となる場合がほとんどのようです。

妊娠線治療おすすめクリニック

恵比寿美容クリニックは、海外で10年以上の実績がある血流改善ガス治療を日本人の肌質に合うよう改良して施術をしています。10分程度の治療で、妊娠を大きく改善できており、治療実績も豊富です。副作用のリスクが極めて低いので、安心して治療ができます。恵比寿美容クリニックでは安全性の高い治療に加えて経験豊富な医師がたくさんいます。診察、診断、検査は全て無料で受けられますし、カウンセリングのみで受診することも可能です。他のクリニックでは思うような効果がなかった人でも恵比寿美容クリニックで妊娠線が改善した方が多いので、妊娠線治療を検討している人は一度相談してみるといいでしょう。

シロノクリニックは、1995年開業以来、レーザー治療15万件以上の症例実績をあげているレーザー治療専門のクリニックです。FDA(米国食品医薬品局)の認可を受けている、安全性の高い複数のレーザー機器を用いて妊娠線を改善していきます。

あつぎ美容クリニックは、多彩な治療メニューで妊娠線治療を行っているので患者一人ひとりの症状や予算に応じて最適な治療法を提案してくれます。主な治療法は、皮下に医療用のCO2を直接注入することで血流を改善し、代謝を高めることで妊娠線が目立たなくなる炭酸メソ(CO2メソセラピー)、英国で唯一、妊娠線の改善が証明された塗り薬で、皮膚の発赤・圧痕・色ムラを正常化する作用のあるシルダーム、米国食品医薬品局が認可したフラクショナルレーザー機器で、レーザーを照射することで肌の入れ替えを促し、妊娠線や肉割れを改善するモザイクhp(フラクショナルレーザー)、微細な針で高密度に肌に穴を開けることでコラーゲンが生成し皮膚の再生が促進され妊娠線を改善へ導くダーマペン・ダーマスタンプなどを行っています。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved