レーザーで妊娠線・肉割れ治療

  •   
  • レーザーで妊娠線・肉割れ治療
ico002

妊娠線・肉割れの予防・治療方法

妊娠線・肉割れ治療で最も一般的な治療法

妊娠線や肉割れを治療するために多くの美容クリニックで採用されているのが、レーザー治療です。

レーザー治療は、妊娠線以外にも、シミ、ニキビ、シワなど様々な症状を改善することが可能な、美容クリニックでは代表的な治療法です。

レーザーにはコラーゲン生成を活性化させる効果があることが分かっており、コラーゲンの生成により皮膚再生を促します。

また、レーザーを照射することで、肌を引き締めて、妊娠線や肉割れを薄く・目立たなくさせることが可能です。

レーザー治療のメリット

レーザー治療は多くの医療機関で取り入れられているように、歴史が古く、症例数も豊富な信頼できる治療法の1つです。

実際に、美容クリニックによる施術で妊娠線・肉割れを克服した人は沢山いるので、情報も集めやすいメリットがあります。

速効性が高く、1回の施術でも十分な効果を確認できるうえ、施術時間も10分程度とスピーディなので、手軽に治療が受けられます。

腹部リダクションなどは料金が100万円以上しますが、レーザー治療なら1回5万円程度で受けられるクリニックもあります。

レーザー治療に不安を感じている人も少なくないのが事実ですが、多くの美容クリニックでは、FDA(米国食品医薬品局)認定の機器を用いているので、性能・安全性は保障されています。

レーザー治療のデメリット

レーザー

レーザー治療は、高い効果が期待できますが、施術後はダウンタイムと呼ばれる「赤み」や「かさぶた」ができてしまいます。

ダウンタイムには個人差がありますが、通常なら1週間ほどで消えていきます。

また、肌が弱い人は火傷などの痕が残ってしまうリスクがあるため、実績豊富な専門医から丁寧なカウンセリングが受けられる病院を探すことが重要です。

さらに、速効性があるため1回の施術で満足できる人もいますが、症状によっては複数回の照射が必要になってくるため、その分費用が高くなってしまいます。

一般的に、薄い妊娠線・肉割れには効果的と言われていますが、症状がひどい場合は期待したほど消えないことが予想されます。

したがって、症状のひどい人や10年以上前の古い妊娠線などを克服したい人は、より効果が期待できる血流改善ガス治療を検討することをおすすめします。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved