オイル・ベビーオイルで妊娠線・肉割れ治療

  •   
  • オイル・ベビーオイルで妊娠線・肉割れ治療
ico002

妊娠線・肉割れの予防・治療方法

オイル・ベビーオイルは妊娠線・肉割れに効果的?

オイルやベビーオイルを使用する妊娠線・肉割れ対策は、クリームなどと同じように、皮膚の保湿効果を高めると同時に、マッサージで新陳代謝をアップして改善していきます。

ただし、クリームと違って、オイルやベビーオイルは主に妊娠線の予防対策に使われている傾向があります。

肌の保湿には油分が重要であるため、クリームよりもオイルのほうが保湿力に優れています。

また、オイルには皮膚の温度を上げる効果もあるため、温度上昇により皮膚が柔らかさ・のびが改善されます。

ただし、水分量が少ないため、お風呂が上がりやローションと併用することで、より高い効果を期待することが可能です。

QOLには効果的

オイル

Midwifery誌に2013年8月17日に掲載された京都大学の報告によれば、オイルやクリームで予防していた妊婦さんと、予防していなかった妊婦さんとでは、表皮の水分含有量は予防していた妊婦さんのほうが増加していたそうです。

ただし、予防していた妊婦さんも、予防していなかった妊婦さんも、妊娠線の発生率には差が見られなかったという結果が出ています。

やはり、妊娠線の原因となる真皮や皮下組織までは、オイルや保湿クリームでは成分が浸透できないようです。

ただし、QOL(Quality Of Life)を比較してみたところ、妊娠線の予防をしていなかった妊婦さんたちの中では、妊娠線ができた人のほうがQOLは低い結果が出ています。

いっぽう、妊娠線の予防を行っていた妊婦さん達では、妊娠線が有無にかかわらず、QOLは維持されていたそうです。

つまり、オイルや保湿クリームによる妊娠線の予防は難しいけれど、ちゃんと対策を行っていた人のほうが、感情的な落ち込みは回避できるということです。

オイルや保湿クリームは使用しても無駄だと決めつけるのではなく、できることはしっかりと行っておくほうが、後になって後悔せずに済むとうことでしょう。

QOL(Quality Of Life)

QOLは、医療現場でよく使用される言葉で「生活の質」と訳されます。つまり、人間らしく満足して生活できているか、幸福を見出しているかという評価の概念です。ここでの幸福とは、健康、人間関係、仕事、住環境、教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から評価されています。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved