妊娠線治療で病院を選ぶ際の注意点

  •   
  • 妊娠線治療で病院を選ぶ際の注意点
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線ができるメカニズムと対処法

病院で治療する

妊娠線ができるメカニズムとしては、皮膚層のなかの真皮が断裂することで起こります。

妊娠線を目立たなくするためには肌の生まれ変わるターンオーバーのときに真皮の断裂をできるだけキレイに修復できことが鍵と言われています。

そのためには、正常なターンオーバーを促し、保湿を高めるために肌の乾燥を防ぎ、修復を促すことが大切となります。

妊娠線をケアする主な方法としては、自宅で自分でケアをする方法と、美容クリニックなどの病院で妊娠線治療を行う方法があります。

セルフケアは限界がある?

主な自宅でケアをする方法としては、クリームやオイルなどを使ってケアする方法があります。

ただし、通常の保湿クリームを塗るだけでは肌の保湿力は保たれても妊娠線を治すことは難しいでしょう。

クリームやオイルなどで自宅でケアするときは、妊娠線の改善ために作られている専用クリームを使ったほうがいいでしょう。

更に、肌のターンオーバーを正常に導くには、新陳代謝を上げる食事や運動を心がけることも大切です。

新陳代謝を上げるためには1日3食、栄養バランスに気をつけた規則正しい食事をとることで体の冷えを防いだり、鉄分不足を防ぐなどに気をつける必要があります。

しかし、できてしまった妊娠線に専用クリームを塗ってもクリームでは真皮まで成分が届くことはなかなか難しいので、妊娠線を完全に消すことは難しいでしょう。

自宅で専用クリームなどを使ってケアをするのは妊娠線ができる前の予防としては効果を発揮しますし、妊娠線の症状が軽い方は多少の効果は期待できますが、症状が酷い妊娠線には目に見える効果を実感することはかなり難しいでしょう。

妊娠線治療の病院選び

美容クリニックなどの病院で行う妊娠線治療は、主に血流改善ガス治療・レーザー治療などがあります。

病院では、最先端技術を用いて妊娠線の症状に応じた治療をしてくれるので効果を実感している方は多く見られます。

病院で治療すると妊娠線を薄くすることができますし、自宅でケアするよりも短期間で効果を実感することができます。

全国に妊娠線治療を行う病院はたくさんあります。

妊娠線治療を検討するときには、これまでの治療実績や口コミなどを事前に確認して信頼できる病院を探すということがとても大切となります。

納得できる治療を受けるためには必ず事前のカウンセリングを受けるとこも大切です。

費用がどのくらいかかるのか、自宅から治療に通い続けるには病院の立地も大事なポイントとなりますし、妊娠線が本当に治るのかという妊娠線治療のデータがどのくらいあるかもとても重要なポイントといえるでしょう。

大きな都市では、妊娠線治療を受けれる病院がたくさんあるので、価格や治療レベルの競争も激しい傾向があります。

特に首都圏エリアは、治療を受けに来る患者さんも多いので口コミなどもたくさん出ているので、病院を選びやすく、信頼できるクリニックを見つけやすいのも特徴です。

更にもう一点、病院選びのポイントとしては、妊娠線治療の実績がどの程度あるかというところです。

症例数のデータが多いという事は、それだけ患者さんが多いということになりますので、信頼できる妊娠治療を行っている証ともなります。

他にも、初回のカウンセリングをどの程度行っているかという点も病院選びの参考になるでしょう。

カウンセリングで、症状に応じた治療法をきちんと提示してくれるか、通院はどのくらいしなければならないのか、費用はどのくらいかかるのかなどをどの程度説明してくれるのかチェックしてみるのもいいでしょう。

これらのポイントを見極めるためには、一つの病院だけに受診するのではなく、まずはネットなどで検索していくつかの病院をピックアップして比較してみることをおすすめします。

病院で受けられる妊娠線治療の種類

では、病院で主に行われているレーザー治療と血流改善ガス治療はどのような治療なのでしょうか。

レーザー治療

病院でレーザーを使って行う妊娠線治療は、レーザーを肌の真皮や皮下組織に当てることで、レーザーの熱で皮膚の再生を促すという治療法です。

皮膚の再生に加えてコラーゲンの再生を助ける効果もあるので肌の弾力が増して保湿にもかなり効果があります

治療時間は病院によっては10〜15分程度と比較的短時間で行うことができます。

予約制で行う病院が多いので待ち時間も少なく忙しい方でも通うことが可能となっています。

レーザー治療をすることで早い方では数回目から妊娠線が薄くなっていくようなので、自宅で専用クリームでのケアに比べると効果の違いは明らかとなります。

妊娠線の症状に応じて使用するレーザー機器も異なるようで、例えば、でこぼこしている妊娠線にはフラクセルレーザー、赤みが強い妊娠線にはV-STARレーザーなど、妊娠線の症状に応じた治療が行えるところも改善が早い理由といえるでしょう。

レーザー治療は、メスを使わないので肌に傷をつけることはありません。

痛みも比較的少ないうえ、すぐに効果を実感できるので人気があります。

妊娠線を消したいから専用クリームを塗って効果を感じなかった方は病院でレーザー治療を受けることを検討されてみるのもいいでしょう。

レーザー治療の費用は、病院によってかなり差があります。

なぜなら、妊娠線治療として行うレーザー治療は、公的医療保険の対象外の自由診療、つまり、保険証を使えない全額自己負担の治療となるからです。

更に、取り扱っているレーザー機器によって費用は違うこともありますし、妊娠線の症状によって通院回数も違ってくるので妊娠線治療にかかる費用はかなり個人差があるようです。

レーザー治療の費用

安いところでは1回1万円程度で治療を受けることができますし、高いところでは1回20万円ほどかかる治療もあります。

1回いくらというのは病院をネットで検索すればすぐにわかりますが、妊娠線の範囲や妊娠線の深さによって、レーザーを照射する回数などは異なるため、自分はいくらくらい費用がかかるのかを具体的に知るためにはカウンセリングを受けるしかありません。

平均的なデータでいうと、最低でも3~5回程度はレーザーを照射する必要があるようですので、1回1万円の治療を受けたとしても最低でも5万円前後、平均的に10~20万円はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

どの病院も初回のカウンセリングは無料で行なっているところが多いので、費用や回数の詳細が知りたい場合はカウンセリングを受けることをおすすめします。

血流改善ガス治療

次に、血流改善ガス治療とはどのような治療かというと、血流改善ガス治療は、近年妊娠線の改善や美容への効果にとても期待が高まっている治療法です。

血流改善ガス治療は、炭酸ガス、炭酸メソ、CO2メソセラピーなどとも言われていますが、もともとフランスで開発された治療法で、動脈硬化やリウマチなどの治療のために開発された機器となります。

この機器を日本人向けに改良し、妊娠線治療に使ったところ驚くほどの効果を発揮しています。

レーザー治療に比べると体にかかる負担がとても軽く、尚且つ安全性が高いことから、海外では10年以上行われている治療方法のようです。

血流改善ガス治療は、妊娠線だけではなく、肉割れやセルライト、ニキビ、赤ら顔などの様々な肌トラブルにも効果を発揮している治療方法です。

具体的にどのような治療かというと、注射の針よりもさらに極細の針を使い炭酸ガスを皮下脂肪に注射する治療法です。

針を刺すから痛みがあるのではないかと心配される方も多いようですが、この治療は痛みを感じることはほとんどなく、治療後に腫れや赤みなどが発生することもありません。

炭酸ガスを皮下脂肪に注入することで、血液から酸素が大量に放出され、新陳代謝が急激にアップします。

肌の新陳代謝が上がることで肌の回復力が上がり妊娠線が消えていくという仕組みのものです。

血流改善ガスを用いた妊娠線治療の最大のメリットは、痛みがほとんどないという点です。

皮膚の中に注入したガスは治療後稀にむくみのような症状が出ることもあるようですが、その症状はわずか数分間だけで、後は自然と体の中から抜けていくので、副作用などもほとんど出ないという点もメリットとなります。

ダウンタイムが短く、治療当日でも入浴できるので忙しい方でも負担なく治療をすることができます。

血流改善ガス治療は何回くらいすればいいかというのは、レーザー治療と同様に妊娠線の深さや症状、肌の体質により必要な施術回数は変わってくるようです。

比較的症状が軽いかた、中度の方でしたら2〜5回の施術で効果を実感できている方が多いようです。

妊娠線ができている範囲が広い方や酷い症状の方の場合は更に治療を繰り返す事で肉妊娠線が薄くなっていきます。

施術時間は10分程度と短時間で終わるので、仕事が忙しくて通えないという方や、家事や育児で自分の時間があまり時間が無いというような方に適しています。

病院で受けられる妊娠線治療まとめ

病院名 主な治療法 料金 痛み 副作用
恵比寿美容クリニック 炭酸ガス治療 手の平サイズ1回35,000円 ほとんど無い ほとんど無い
シロノクリニック ①フラクセル
②ヤグレーザーピーリング
③サマークールボディ
①60,000円~/回
②40,000円~/回
③20,000円~/回
個人差あり 個人差あり
エルクリニック フラクショナルレーザー 25,000円~/回 ほとんどなし ほとんどなし
大城クリニック ①内科的レーザー
②外科的レーザー
③外科的手術
①2,000円/分
②5,000円~/分
③50,000円~/㎝
ほとんどなし ほとんどなし

妊娠線治療は病院選びが重要

ひと昔前は、一度できてしまったら治すことがなかなか難しいと言われていた妊娠線ですが、近年では自宅でケアできる専用クリームが販売されていたり、病院では最新の治療で妊娠線を治療できるようになっています。

自宅で専用クリームなどを使ってケアすることは費用の面だけをみれば病院で治療するより安く済みますし、病院に通院する時間的な負担もありません。

病院に通院して治療を行うことはたしかに費用の面ではかなり負担があるでしょうが、消せないと諦めていた妊娠線が消えたという症例が続々と出ています。

効果の面だけをみれば、自宅で専用クリームを使って治ったという方より病院で治療を行った方のほうが明らかに多いので、本気で妊娠線を消したいと思われている方は一度病院で妊娠線治療をすることを検討してみられるといいでしょう。

ただし、治療をしたから必ず治ると思い込むのはやめたほうがいいでしょう。

なぜなら、病院で治療を検討するときには、病院選びが重要となるからです。

事前の病院選びをきちんと行い、カウンセリングを受けて納得できるまでリサーチすることをおすすめします。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved