妊娠線・肉割れのケア・予防方法

  •   
  • 妊娠線・肉割れのケア・予防方法
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線・肉割れの効果的な予防方法・ケアとは?

妊娠線・肉割れは、一度起きたら痕が残ってしまうため、事前に予防ケアを行って発症を防ぎたいものです。

妊娠線や肉割れを予防するために商品やケアグッズは、クリームやオイルなど数多く流通していますが、これといった成功法はなく、100%予防することは不可能なのが現実のようです。

ただし、肉割れは気づいたらできてしまっているケースが多いですが、妊娠線の場合は妊娠がきっかけで発症するため、事前に予防ケアを行いやすいメリットがあります。

クリームやオイルを使う予防方法も重要ですが、まずは妊娠線や肉割れができない生活スタイルを身に着けることから始めましょう。

体重増加を上手に管理

近年は、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病のリスクが高まるため、体重管理に厳格な産婦人科が増えてきていますが、急激な体重増加は妊娠線のリスクも高めてしまいます。

したがって、体重増加を上手にコントロールしていくことが急激な皮膚の伸長を抑える点でも重要となってきます。

出産するまでの体重は、妊娠前のBMI数値によって計算され、その範囲内で体重増加を管理していくことになります。

BMI=妊娠前の体重÷身長(m)÷身長(m)

BMI数値 体重増加範囲
18.5未満 9~12kg
18.5~25.0未満 7~12kg
25.0以上 医師と相談

急激な体重増加や12㎏以上の体重増加は妊娠線のリスクを高めてしまうので、注意しましょう。

ウォーキングなどの適度な運動

妊娠中は、体重増加により皮下脂肪が付きやすくなりますが、皮下脂肪が原因で妊娠線になりやすくなるため、適度な運動で脂肪を消費するようにしましょう。

妊娠線だけでなく、ウォーキングは腰痛や肩こり、便秘やむくみにみも効果的と言われているため一石二鳥です。

また、ウォーキングは安産にも良いと言われており、妊婦の体でも取り入れやすいエクササイズなのでおすすめです。

保湿ケア

妊娠線予防で多くの女性が取り入れているのが予防オイルやクリームを用いた保湿対策ではないでしょうか。

予防オイルやクリームを塗ってマッサージすることで、皮膚に潤いを与えて柔軟な皮膚の状態にしていく方法です。

ただし、「妊娠線・肉割れの予防・治療法」で詳しく述べていきますが、予防オイルやクリームを利用しても発症している人が多くいるのが現状です。

妊娠線の原因は、皮膚の内側にある真皮や皮下組織にありますが、オイルやクリームは表皮の保湿がメインとなってしまいます。

ただし、感情的なQOL(生活の質、幸福を見出す尺度)には高い効果が出ていますので、無意味だとも言い切れないは事実です。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved