妊娠線・肉割れ治療(病院編)

  •   
  • 妊娠線・肉割れ治療(病院編)
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線・肉割れは病院治療が一番

病院で治療するメリット

妊娠線・肉割れの痕を完全に消すことは困難ですが、医療技術の進歩で薄く、目立たなくさせることは可能になってきました。

現在、美容クリニックでは様々な施術方法により妊娠線・肉割れの治療を行っているので、施術内容や費用などを検討した上で病院を選ぶと良いでしょう。

施術方法によっては副作用のリスクもあるため、前もってしっかりと理解しておくことが、後々のトラブル回避にもつながります。

ここでは、美容クリニックが実施している主な治療法を解説しているので、自分に合った施術方法を探してみてください。

病院で治療するメリット

妊娠線・肉割れを効果的に消したい人は、専門クリニックによる治療が1番効果的だと言われています。

そもそも、保湿クリームやオイルを使ったケアは、妊娠線・肉割れの原因である真皮や皮下組織まで浸透することが困難なので、効果はあまり期待できないのが実情です。

専門クリニックでは、最新の医療機器を用いて治療を行うので、妊娠線・肉割れの症状を大きく改善することができます。

治療法も、レーザー治療、ダーマローラー療法、血流改善ガス療法、腹部リダクション、塗り薬など多岐に渡っていますので、自分に合った施術方法が選択すると良いでしょう。

また、美容クリニックの強みを活かし、アフターケアや予防ケアにも力を入れている病院が多いので、キレイな美肌を維持することができます。

病院で治療するデメリット

美容クリニックで行う妊娠線・肉割れの治療は自由診療に該当してしまうため、費用は全額自己負担となってしまいます。

腹部リダクションは、100万円以上の治療費が必要となり、レーザー治療も複数回受けると10万円以上を超えてしまいます。

医療ローンなどを利用すれば、施術を受けることも可能ですが、負担は自分でケアを行うよりは負担が重くなります。

また、医療技術を持ってしても、妊娠線などを完全に消し去ることは不可能で、痕を薄く・目立たなくさせることが目的となります。

また、妊娠線・肉割れで一般的なレーザー治療は、ダウンタイムや火傷などの副作用のリスクが高くなります。

副作用が心配な人は、血流改善ガスやダーマローラーなどのリスクが極めて低い治療法を選ぶことをおすすめします。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved