妊娠線・肉割れ治療の費用・料金

  •   
  • 妊娠線・肉割れ治療の費用・料金
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線・肉割れ治療の費用・料金

妊娠線・肉割れ治療は自由診療扱いとなるため、病院が自由に治療費を設定できるだけでなく、治療費は患者の全額自己負担となってしまいます。

したがて、病院で治療を行う際は実績や設備も重要ですが、各病院が設定する料金体系も気になるところです。

自宅なら、市販のクリームでケア可能なので、経済的負担は安く抑えることが可能ですが、効果に関しては個人差が非常に大きくなってしまいます。

費用負担は大きいですが、治療が難しいと言われている妊娠線・肉割れだからこそ、実績の高い専門医に診てもらうことをおすすめします。

ここでは、妊娠線・肉割れの一般的な治療費用を人気の高い病院を例に比較していますので、予算の参考にしてみてください。

美容クリニックの治療費まとめ

  恵比寿美容クリニック シロノクリニック 大城クリニック エルクリニック あつぎ美容クリニック あつぎ美容クリニック 高須クリニック
治療法 血流改善ガス治療 レーザー治療 レーザー治療 レーザー治療 ダーマローラー シルダーム(塗り薬) 腹部リダクション
料金 9800円~ 60000円/1回 未掲載 20000円~/1回 49,000円/1回目(下腹部) 3,900円(女性価格) 1,600,000円

血流改善ガス治療

血流改善ガス治療は、恵比寿美容クリニックが提供する副作用やダウンタイムの心配がほとんどない、安心の治療法で高い効果を実感することが可能です。

血流改善ガスを皮膚の内側にある真皮や皮下組織へ直接注入することで、血流を増加させ、代謝アップで皮膚再生を促します。

また、ガスによる一時的なダメージで皮膚の再生を活性化させ、コラーゲンを増やしてハリのある肌を取り戻すことが可能です。

レーザー治療

レーザー治療に比べて費用も安く、火傷などの副作用の心配もないので、経済的負担を抑えたい人にも最適です。

レーザー治療は使用する機器が病院ごとに異なってくるため、料金体系は大きな差が生じています。

安いから良い訳でもなく、費用は高いですが、FDA(食品医薬品局)認可の最新機器を用いて高い治療効果をあげている病院もあります。

ただし、レーザー治療は、照射方法や医師のスキルによって効果が大きく影響する治療法なので、病院選びは重要です。

ダーマローラー

ダーマローラーとは、極細の針が付いたローラーを妊娠線や肉割れ部分に転がすことで、皮膚の真皮層まで傷をつけ、コラーゲンの増殖を促します。

そして、増えたコラーゲンにより皮膚の再生化が活性化され、妊娠線や肉割れが目立たなくなる治療法です。

ニキビやシワの治療にも使われている器具で、極細の針なので痛みがほとんどないのが特徴です。

ただし、針の長さや圧力のかけ方、一緒に使用する薬剤によっては出血や痒みなどの副作用のリスクもあるので、経験豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。

シルダーム

シルダームは英国のSirDermが開発した塗り薬で、赤みが出始めた初期の妊娠線にも効果を発揮する、英国で唯一、妊娠線の改善が証明された製剤です。

レーザー治療は、白っぽくなったシワのような古い妊娠線・肉割れ(旧妊娠線)によく用いられる治療法ですが、シルダームは初期の妊娠線(新妊娠線)や肉割れにも効果的と言われています。

腹部リダクション

腹部リダクションは、形成外科で実施されている、余分な皮膚を切除して縫合する手術方法です。

妊娠線・肉割れの症状がひどい方はレーザー治療が効きにくい傾向がありますが、腹部リダクションなら皮膚を切除することによって確実に消し去ることが可能です。

ただし、妊娠線や肉割れの痕は消えても、縫合による傷が残ってしまうのが難点です。

また、費用も100万円以上と高額で、切除範囲が広い場合は入院を伴うこともあるため、経済的・肉体的な負担は大きくなります。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved