妊娠線・肉割れの原因

  •   
  • 妊娠線・肉割れの原因
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線・肉割れの原因

肉割れの原因

妊娠線と肉割れは、発症する状況が異なることから別の症状と考えている人が多く見受けられますが、実際は同じ原因により引き起こされています。

簡単に言うと、妊娠線・肉割れは急激に皮膚が伸びてしまうことにより、皮膚の一部が耐えきれなくなり発症してしまいます。

皮膚は、目に見えている一番外側の「表皮」から「真皮」「皮下組織」という3つの構造から成り立っています。

妊娠や体重増加によってお腹などが大きくなると一緒に皮膚も伸びていきますが、柔軟な表皮に比べて、真皮や皮下組織は伸びにくい性質となっています。

つまり、急激な皮膚の伸長によって表皮は対応できても、真皮や皮下組織は耐えきれなくなってしまい、線や筋が生じてしまうのです。

最初に赤紫色の線が現れるのは、毛細血管が透けて見えているためで、形状は複数の縦線だったり、稲妻のような形状だったりと様々です。

また、同じような原理で「成長期」や「過度な運動」でも、筋肉が急激に発達してその変化に皮膚の真皮と皮下組織が耐えられずに肉割れを起こしてしまいます。

妊娠や肥満による体重増加だけでなく、成長期や運動などが原因になることもあるため、痩せている人でも肉割れの症状が起きてしまいます。

妊娠線・肉割れができやすい人

妊娠線・肉割れは、急激な皮膚の伸長によって発症することが原因とされていますが、なかには症状が起きやすい人もいます。

そこで、ここでは妊娠線や肉割れが起きやすいケースを紹介していきます。

まず、急激な体重増加は妊娠線・肉割れを引き起こすリスクが高くなるため、妊娠した際は体重コントロールに気を付けることが重要です。

また、双子以上の多胎妊娠の場合も通常に比べてお腹の膨らみが大きくなるため、妊娠線ができやすくなってしまいます。

他にも、ステロイドの内服を続けている人は、副作用で肌の弾力が弱くなるため、妊娠線や肉割れが発症しやすくなると言われています。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved