妊娠線・肉割れ治療とは

  •   
  • 妊娠線・肉割れ治療とは
ico001

妊娠線・肉割れの基礎知識

妊娠線・肉割れ治療

病院で治療する

妊娠線・肉割れは、痕が残ってしまうため、露出度の高い服や水着などが着られなくなって困っている人も多いと思います。

市販のオイルやクリームが数多く販売されており、自宅でケアをする人もいますが、病院の専門医に診てもらうことが一番です。

皮膚科でも見てもらえますが、環境設備が整っていて実績が豊富な美容クリニックのほうが、症例数が豊富で患者の満足度も高いようです。

妊娠線や肉割れの治療は、医療機関によって方法が様々なので、高い治療効果はもちろん、安心して施術が受けられる病院を見つけることが重要です。

ただし、現在の医療技術では妊娠線・肉割れを完全に消すことは困難で、目立たなく、薄くさせることが治療目的となっています。

病院で治療する

病院で治療を受ける際に最も一般的なのが、医療用のレーザーを照射して妊娠線や肉割れを目立たなくする治療法です。

肌に熱刺激を与えることで、皮膚の代謝を促しコラーゲンを活性化させ、肌の再生により新しい皮膚に生まれ変わらせる方法です。

ただし、レーザー治療には高い技量が要求されるため、火傷などの肌トラブルに見舞われる人もいるので注意が必要です。

そんな副作用のリスクが高いレーザー治療に代わって、最近注目を集めているのが血流改善ガスを用いた施術方法です。

火傷や赤身の症状がでるダウンタイムの心配がなく、しかもレーザーと違って皮膚の内側に血流改善ガスを直接注入して皮膚の再生を活性化せるので、より高い効果が期待できる画期的な治療法です。

安全に治療を受けたい、あるいは妊娠線・肉割れの症状がひどい方にはおすすめの治療法です。

  血流改善ガス治療 レーザー治療
治療法 皮膚の内側から血流改善ガスを注入し、真皮や皮下組織に直接アプローチ 皮膚の外側からレーザーを照射し、コラーゲン生成の活性化・皮膚再生促進
効果 軽い症状だけでなく、症状がひどい妊娠線・肉割れにも高い効果を発揮 一般的に薄い妊娠線・肉割れに効果を発揮
ダウンタイム ほとんど見られない 赤みが残る
副作用 ほどんど見られない テキスト

自宅でケアを行う

妊娠線・肉割れを専門クリニックで治療する場合は、健康保険が適用されないことから、治療費が全額自己負担となってしまいます。

そのため、できるだけ費用を抑えて妊視線や肉割れを改善したいと、市販のクリームやオイルといった商品を利用して自宅でケアしている人もいます。

保湿力の高いクリームやオイルを使って毎日継続的にマッサージを行うことで、新陳代謝がアップし、皮膚が柔らかくすることで薄くしていく方法です。

ただし、クリームやオイルにより妊娠線・肉割れを改善できた人は少ないのが現状で、ハッキリした効果を得たいのであれば病院での治療をおすすめします。

また、保湿クリームが体質に合わず、長期間使用した結果、肌がボコボコになったり、痒みの症状が出てくる人もいるので注意が必要です。

page_top

Copyright 妊娠線・肉割れ治療比較ランキング※最適な病院の選び方 All Rights Reserved